トップ
芸能・スポーツ
アニメ・ゲーム
IT・科学
教育・学習
生活
政治・経済
社会
昨日の人気記事
あなたのコメント
ログアウト

日経ビジネスの記事一覧 - 129件

台湾有事が当面は起こらない2つの理由電子版
日経ビジネス - 52分前  1コメント
台湾有事が話題になる機会が増えている。 東京大学の川島真教授は「台湾本島への本格的な武力攻撃を伴う台湾有事は当面ないと考えます」という。 その理由は大きく2つあるという。 果たしてそれは何なのか。 ただし、そのことは中国が台湾の解放と統一を諦めることを意味するわけではない。 この環境下で日本は何をする...
「推しても、燃えず」なお話電子版
日経ビジネス - 1時間前  1コメント
6月の上旬、約2年ぶりに国会の「党首討論会」が開催された。菅義偉首相の就任後では初めてだ。 私は、この半年ほど、国会中継のライブ視聴を回避している。というのも、リアルタイムで追いかけていると、精神の平衡を保てないからだ。なさけない話ではあるのだが、私は、議員さんたちのやりとりを眺めていると、5分ほど...
ワクチン接種で大活躍 新潟の中小企業が国難を救え…
日経ビジネス - 2時間前  7コメント
中小企業は大企業に比べ体力が弱く生産性も低い――。多くの人はそう考えている。だが、技術力や革新性などで大企業より先進的な中小企業を探すのは難しくない。その代表格が、コロナ禍で日本を救った、新潟のツインバード工業だ。 新型コロナウイルスの収束に向けて欠かせないとされるワクチン接種。菅義偉首相は1日当た...
「陸のコンコルド」、リニア新幹線の真実電子版
日経ビジネス - 6時間前  0コメント
twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう! 登録する 現在プライベートモードです 設定を変更する
トヨタ株1万円越え、上場来高値の裏にテスラの敵失…
日経ビジネス - 1日前  4コメント
日本を代表する企業、トヨタ自動車の株価が6月15日に1万円の大台に乗せ、上場来高値を更新した。足元で業績の回復期待が高まっていることに加え、中長期的に電気自動車(EV)の強化を打ち出したことが市場で評価されている。だがこの間、EV専業の米テスラ株の株価は逆に下落基調だ。「トヨタ株1万円」の意味するところ...
幸福度の2割は住まいへの満足度が関係している電子…
日経ビジネス - 2日前  5コメント
世の中では「幸せになる○○」とか、「○○の幸福論」といった書籍が多数出版されており、セミナーやサロンも開催されているようである。しかし、それらの書籍やイベントの内容が、一定の汎用性があるものなのか、個人の経験を基にした個別事例にすぎないのか、科学的根拠に基づいているものかどうかは定かではない。 もとよ...
地理的表示保護制度、「八丁味噌」の本家を除外電子…
日経ビジネス - 2日前  2コメント
地理的表示(GI)保護制度で、「八丁味噌」の発祥の会社が窮地に追い込まれた。農林水産省は3月、愛知県全域の協同組合の製品を対象にすると裁決した。伝統製法にこだわる老舗2社は組合員ではなく、八丁味噌と名乗れなくなるリスクがある。
英単語を覚えられない? より簡単に覚えられる方法…
日経ビジネス - 2日前  4コメント
この連載では、英語コーチング・プログラム「TORAIZ(トライズ)」の5000人を超える受講生のデータと学習工学に基づき、最小の努力によって最短で英語の学習目標を達成するためのノウハウを受講生や読者の皆様からの質問に答える形でお伝えしていきます。コメント欄でビジネス英語についてなんでもご質問ください。 それ...
ファーウェイ独自OSで狙う「グーグル超え」、米制…
日経ビジネス - 2日前  4コメント
「電池の持ちもよくなったし、動作も速くなった。最高だよ」 華為技術(ファーウェイ)製品のファンである上海市内に住む40代男性は、6月2日に独自開発の基本ソフト(OS)「鴻蒙(ホンモン、英語名ハーモニー)2.0」が発表されると、すぐに更新作業に取り掛かった。「所要時間は30分ぐらい。特に途中で設定につまずくこ...
日本企業の社員が、会計を苦手とする理由電子版
日経ビジネス - 2日前  2コメント
ビジネスパーソンの教養である「会計」に、苦手意識を持つ人が多いのはなぜか。ビジネススクールの人気教授である大津広一氏によれば、「原因は、会計だけを単独で勉強しているからであり、経営戦略とリンクさせて勉強すれば理解が深まる」とのこと。 今回は、会計と戦略の関係性、そして両者をどのように結びつけるのか...
エンジン車にも電動ブレーキ 各社採用、2023年…
日経ビジネス - 2日前  0コメント
スバルの新型「レヴォーグ」は、交差点での自動ブレーキ性能を向上させた。新型のステレオカメラを導入すると同時に、ブレーキシステムも刷新した(写真=スバル提供) 「電動油圧ブレーキの有無で、制動能力は大きく変わる。特に、交差点での飛び出しなど、シビアなシーンでの違いがはっきり出てくる」。SUBARU(スバル...
全国初、無人の自動運転 「永平寺町モデル」の可能…
日経ビジネス - 2日前  3コメント
2021年3月、全国初となる自動運転「レベル3」の認可を受けた無人自動運転車の本格運行が始まった。自動運転といっても安全確認や緊急時の対応のためにドライバーが乗るのが一般的だが、ここでは完全無人で、非常時には遠隔監視室のスタッフが対応する。驚くのは、全国初の実用化が、過疎に直面する福井県永平寺町で行わ...
画期的なマーケ手法 「上川大雪酒造」の地酒に客が…
日経ビジネス - 3日前  3コメント
今飲むべき日本酒を通に聞くと、必ず名前が挙がる酒蔵が上川大雪酒造だ。看板銘柄「上川大雪 特別純米」の人気に加え、地元でしか手に入らない“幻の地酒”も話題。日本酒に関する情報を発信するウェブメディア「SAKETIMES」編集長の小池潤氏は、「町おこしにも一役買う地元密着型のマーケティングは画期的で、2021年にさ...
クボタ、24年に電動トラクター商用化 脱炭素にギ…
日経ビジネス - 3日前  6コメント
農業機械大手のクボタが2024年に電動トラクターを国内市場に投入することが分かった。まず出力20キロワット弱の小型機を24年に発売し、30年にかけて中小型の機種で電動農機のラインアップを増やしていく。水素燃料を使ったFCV(燃料電池車)タイプの中小型機についても20年代後半の商用化を目指す。電動化や水素活用で農...
成毛眞氏、新卒採用には「難関中学の算数問題」が効…
日経ビジネス - 3日前  2コメント
2021年1月に成毛眞さんが出版した『2040年の未来予測』がベストセラーになっています。今回は、そんな成毛さんと、4月に初の著書『ミドリムシ博士の超・起業思考』を出版したユーグレナ社執行役員 研究開発担当の鈴木健吾さんが対談しました。 成毛さんが立ち上げた投資コンサルティング会社インスパイアは、ユーグレナ...
出資ラッシュの小型原子炉 日本の“お弁当箱”技術…
日経ビジネス - 3日前  4コメント
IHIが小型モジュール原子炉(SMR)の開発を手掛ける米スタートアップ、ニュースケール・パワーに出資し、米国のプラント建設プロジェクトに参画すると発表した。ニュースケールには日揮も4月に出資を発表。暗く長いトンネルに入っている日本の原発産業に一筋の光が差し込んだ。小型炉は大型炉に比べ安全性が格段に高く、...
日本でも発行決定「ワクチンパスポート」 ここにも…
日経ビジネス - 3日前  0コメント
「ワクチンパスポート(接種証明)は日本経済を元の姿に戻すために有力なツール。各社が切望している」 経団連の十倉雅和会長は6月7日、経済界として一刻も早い導入を政府に望んでいると語った。幹部企業が集まった会議では「もしデジタルの証明書がすぐに無理なら、紙ベースでもいいから迅速に政府は認めてほしい」との...
「脱コロナ」で世界的に食材高騰、日本の飲食業に二…
日経ビジネス - 3日前  0コメント
新型コロナウイルス禍の長期化に苦しむ日本の飲食業に、材料価格の上昇という新たな難題が降りかかろうとしている。ひと足早く行動制限が解かれた国々で、肉や食用油などの需要が回復しているためだ。ワクチン接種の進展とともに消費が戻り、日本経済が回復していくという日銀などのシナリオに水を差す可能性がある。 牛...
胃酸逆流を悪化させない酒とつまみの選び方電子版
日経ビジネス - 3日前  0コメント
「逆流性食道炎」と診断された酒ジャーナリストの葉石かおりさん。幸い軽症で、すぐに治療する必要はなかったものの、悪化を防ぐためにはどうすべきかを、この病気に詳しい、国立国際医療研究センター病院・消化器内科診療科長の秋山純一さんに話を聞きました。どんな種類のお酒やつまみを選び、生活面ではどんなことに...
数人の陽性者で即座に数百万人のPCR検査 続く新…
日経ビジネス - 3日前  0コメント
広東省広州市は6月2日、ライ湾区白鶴洞街とライ湾区中南街を「高リスク地域」に指定すると発表した。高リスク地域はほとんどの場合、外出制限措置が取られ、中リスク地域では域外との移動が制限される。中国は全体としては新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに成功しており、行動制限を伴うリスク地域の設定は少な...