トップ
芸能・スポーツ
アニメ・ゲーム
IT・科学
教育・学習
生活
政治・経済
社会
昨日の人気記事
あなたのコメント
ログアウト

AERA dot.の記事一覧 - 404件

男にかしずく「男尊女子」 その生き方は社会進出し…
AERA dot. - 3時間前  0コメント
酒井順子(さかい・じゅんこ)/1966年東京都生まれ。広告会社勤務を経て執筆業。2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞(撮影/門間新弥) 「過剰にけなすのは、男性が家事をうまくこなし、自身の価値が下がることを無意識に避けているのでは。家庭で権力をふるい、支配する...
男にかしずく「男尊女子」 その生き方は社会進出し…
AERA dot. - 3時間前  0コメント
酒井順子(さかい・じゅんこ)/1966年東京都生まれ。広告会社勤務を経て執筆業。2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞(撮影/門間新弥) 「かつては、『妻は男に殴られたがっている』と雑誌上で知識人が語っていたり、宮尾登美子さんですら『女は皆、男に殴られて幸せ』と...
男にかしずく「男尊女子」 その生き方は社会進出し…
AERA dot. - 3時間前  0コメント
酒井順子(さかい・じゅんこ)/1966年東京都生まれ。広告会社勤務を経て執筆業。2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞(撮影/門間新弥) 「上の男のことしか見ていない。本人は出世したつもりでいても、自分では何もできない。私はこれを大奥人事と呼んでいます」(河崎さ...
男にかしずく「男尊女子」 その生き方は社会進出し…
AERA dot. - 3時間前  0コメント
酒井順子(さかい・じゅんこ)/1966年東京都生まれ。広告会社勤務を経て執筆業。2004年『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞(撮影/門間新弥) コラムニストの河崎環さん(44)は、22歳で結婚し、10年ほど専業主婦だった。周囲のママ友は10歳ほど年上のバブル期の女性ばかりで、...
菅首相は戦犯に間違いないが、立憲、共産党もポンコ…
AERA dot. - 11時間前  31コメント
野党の会期延長要求に応じず、150日間で国会を強引に幕引きした菅政権。これから政局の焦点は7月4日投開票の東京都議選、東京五輪・パラリンピック開幕、秋にも行われる自民党総裁選と衆院解散・総選挙に移る。 菅義偉首相は政権の浮沈が懸かるワクチン接種について10~11月完了を目指し、作業を急いでいるが、立憲民主...
芳根京子の“ピンときた瞬間”とは 監督と二人三脚…
AERA dot. - 15時間前  0コメント
芳根京子(よしね・きょうこ、右):1997年生まれ、俳優。2013年ドラマ「ラスト シンデレラ」でデビュー。主な出演作に「累-かさね-」(18年)など。「Arc アーク」では永遠の命を得た女性リナを演じた/石川慶(いしかわ・けい):1977年生まれ、映画監督。主な監督作品に「愚行録」(2017年...
女帝・小池百合子知事の都民ファが都議選で大惨敗の…
AERA dot. - 16時間前  0コメント
政治と経済 女帝・小池百合子知事の都民ファが都議選で大惨敗の危機 自民、立憲が躍進【世論調査入手】 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
「図に乗る」の「図」ってナニ? 知ってるとかっこ…
AERA dot. - 16時間前  1コメント
日本語には、人の行為を表すさまざまな表現があります。それらには、その漢字が使われている意外な理由があったり、漢字で書くと意味が分かりやすくなったりするものがあります。現在2021年7月号が発売中の朝日新聞出版『みんなの漢字』から紹介。※監修・久保裕之(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所) *  * ...
「らちが明かない」の「らち」の謎 知らずに言って…
AERA dot. - 16時間前  1コメント
「関の山」の「関」、「食指が動く」の「食指」……知らずに使っている言葉には、意外な語源があるものです。現在2021年7月号が発売中の朝日新聞出版『みんなの漢字』から14のうんちくを紹介します。※監修・久保裕之(立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所) *  *  * Q 「関の山」ってどんな山? A 関宿の山車...
1歳児は褒めて卒乳 「張ってつらい」とママが搾る…
AERA dot. - 16時間前  0コメント
卒乳をいつ、どうするか。仕事復帰を考えたとき、ママが悩むことの一つだ。産前産後ケアセンター 東峯サライで、母乳育児や卒乳の相談にのっている助産師の中嶋彩さんにスムーズに卒乳するためのアドバイスをもらった。 >>【3歳になっても授乳に問題はないの? 2人目妊活や仕事復帰でも悩む卒乳のタイミング】から続...
段ボールの山で寝落ちした猫 ボクは明日から本気出…
AERA dot. - 16時間前  1コメント
Canon EOS-1D X Mark III・f/3.2・1/1000秒・ISO200(撮影/猫写真家・沖昌之) 主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「まだ片付けに、本気出してない...
加藤シゲアキ『オルタネート』で実感 新潮社の校閲…
AERA dot. - 16時間前  0コメント
「NEWS」メンバーで、作家としても活躍、今年「吉川英治文学新人賞」「高校生直木賞」を立て続けに受賞した加藤シゲアキさん。作家・林真理子さんとの対談で、受賞作の『オルタネート』執筆の舞台裏を明かしました。 【写真】加藤シゲアキさんが飾った週刊朝日の表紙はこちら *  *  * 林:吉川英治文学新人賞の受...
上司や取引先のミスの指摘 細かすぎてしつこい場合…
AERA dot. - 16時間前  0コメント
西野一輝(にしの・かずき)/経営・組織戦略コンサルタント。大学卒業後、大手出版社に入社。ビジネス関連の編集・企画に関わる。現在は独立して事務所を設立。経営者、専門家など2000名以上に取材を行ってきた経験を生かして、人材育成や組織開発の支援を行っている あなたの周りにムダにやる気を下げてくる人物はいな...
「尾身会長と思いは一つ」橋本聖子会長らの不毛な禅…
AERA dot. - 16時間前  16コメント
東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は18日19時、記者会見を開き、「最重要課題となっていた観客の扱いについて判断が必要なタイミングが近づいてきた」と語るとともに、「本日午前9時半、コロナ対策分科会の尾身茂会長が(組織委員会のある)トリトンスクエアにお見えになりました。尾身会長から提言をい...
2度も奇跡を経験 車椅子で散歩を楽しむ甘えん坊ワ…
AERA dot. - 16時間前  2コメント
ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のこてつちゃん(11歳)です。 *  *  * 6歳で進行性脊髄軟化症を発症したこてつ(雄)。余命わずか1日と宣告されるも、奇跡的に一命を取り留めた。 大病をしたせいで甘え放題のこてつだが、不自由ながらも車椅子...
未成年の売春、酒たばこ、自殺…荒んだコロナ禍の歌…
AERA dot. - 16時間前  5コメント
東京都は3度目の緊急事態宣言が20日に明ける。長引く自粛に慣れと疲れが生じたこの期間、歌舞伎町(東京都新宿区)で、未成年の男女2人がビジネスホテルの敷地内から飛び降るショッキングな出来事があった。コロナ禍、歓楽街に身を寄せる未成年を取り巻く状況とはどうなっているのか。19年間にわたり歌舞伎町を見てきた...
ウッチャンの“欲の無さ”が番組を面白くさせるワケ
AERA dot. - 16時間前  2コメント
理想の上司ランキング、男性部門で5年連続第1位のウッチャンこと内村光良の“上司力”に迫った書籍『チームが自ずと動き出す 内村光良リーダー論』(朝日新聞出版)は出版前に重版が決まるなど、注目を集めている。関係者への取材を重ねた著者の畑中翔太が、リーダー内村を分析する本連載。 【写真】「理想の上司ランキン...
国語は文学解釈「つまらない」もOK 数学は「ペア…
AERA dot. - 16時間前  2コメント
小学校3年生の算数、割り算の授業の様子。教員からは「あの算数が大っ嫌いだった子が!」など、授業に対して見違えるほど主体的になった子どもたちに驚く声が上がったという(写真:山口裕也さん提供) 東京・杉並区では2019年度から、「個別」「探究」「協同」の3つをキーワードに「学びの構造転換」を始めた。これま...
横浜中華街160年の歴史 観光地だけでない「ふる…
AERA dot. - 16時間前  1コメント
日本を代表する中華街であり、横浜の観光名所でもある横浜中華街。開港以来、積み重ねてきた歴史を「横浜中華街・160年の軌跡」展とともに振り返る。 【写真特集】横浜中華街が歩んだ160年の歴史 *  *  * 横浜の開港以来、160年余りとなる今年、横浜市中区にある横浜ユーラシア文化館で、企画展「横浜中華街・160...
『鬼滅の刃』竈門炭治郎を「強く」した言葉 「竈門…
AERA dot. - 16時間前  2コメント
劇場版『鬼滅の刃・無限列車編』は国内の興行収入が400億円超える大ヒットとなった。6月16日にはDVDとBlue-rayも発売され、再び盛り上がりをみせている。同作は主人公・竈門炭治郎の成長譚としても楽しめるが、ここでは炭治郎が「炭焼きの少年」から、「鬼狩りの剣士」になるまでをふりかえり、彼を「強く」した周囲の...