トップ
芸能・スポーツ
アニメ・ゲーム
IT・科学
教育・学習
生活
政治・経済
社会
昨日の人気記事
あなたのコメント
ログアウト

文春オンラインの記事一覧 - 437件

水溜りボンド、あやなん、コムドット…超人気You…
文春オンライン - 3時間前  1コメント
「グレイヘアは『アリ』でも、悩みは尽きず……」白髪は自分で染めたい“自染め派”向けヘアカラートリートメントって!?
宝塚記念前に読みたい! ウマ娘ファンが知っておく…
文春オンライン - 4時間前  1コメント
「史上最強の2歳馬」グラスワンダー グラスワンダーは95年2月18日にアメリカ・ケンタッキー州の牧場にうまれた。96年9月のせり市で尾形充弘調教師によって落札され、日本で走ることになった。価格は25万ドル(当時のレートで約2500万円)。のちの活躍を思えば格安だった。 2歳では4戦してすべて楽勝だった。GⅠの朝日杯3...
大河ドラマや映画で注目の「幕末」は、暗殺、辻斬り…
文春オンライン - 4時間前  3コメント
いま、幕末動乱期が熱い! 「日本資本主義の父」渋沢栄一が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」や、新選組副長・土方歳三の生涯を描いた映画「燃えよ剣」(10月公開)など、幕末から明治維新にかけての時代を背景にした映像作品に注目が集まっています。 「歴史はときに、血を欲した」──この時代について、司馬遼太郎...
絵画の歴史にある「線で描くか」「色面で描くか」と…
文春オンライン - 4時間前  3コメント
オランダはレンブラント、フェルメール、ゴッホにモンドリアンといった巨匠を生んだ国。そして、絵本の世界には「ミッフィー」でおなじみのディック・ブルーナがいます。10代の頃は疎開先で父の本棚にあったレンブラントやゴッホの画集を見て、絵画への情熱をはぐくみました。ブルーナの絵はシンプルで愛らしいものです...
「今ちょっと忙しいので」という断り方はなぜ失礼な…
文春オンライン - 4時間前  1コメント
ところが最近では、反対の意味の「やりません」「いりません」「できません」といった断り文句として、「大丈夫です」が使われるケースが目立ちます。そのため誤解が起きやすくなっているのです。 私の講師仲間も、仕事で使う資料の準備をお願いしたとき、「あ、それは大丈夫です」と言われて送られてくるのを待っていた...
「こなくそーーッ!!」坂本竜馬、近江屋で死す
文春オンライン - 4時間前  1コメント
近江屋二階に潜伏していた坂本竜馬と同志・中岡慎太郎。前触れもなくやってきた刺客、その襲撃は一瞬のうちに終わった。      &nb…
「ハーバード卒文学者」から「お茶の間の人気者」へ…
文春オンライン - 4時間前  0コメント
日本文学者、テレビコメンテーター、早稲田大学特命教授と、様々な肩書きを持つロバート キャンベルさん。2018年にはカミングアウトをし、同性のパートナーと米国で結婚していたことを明かした。 キャンベルさんは英語のほか、アイルランド語が飛び交うニューヨークのブロンクスに生まれ、実父と生き別れた後、母がユダ...
「宮澤さん一家の近くに僕も住んでいて…」 “ブツ…
文春オンライン - 4時間前  5コメント
◆ ◆ ◆ 堂場 はじめまして。今日は警視庁の科学捜査研究所で15年間研究員を務められたのち、日本で初めて「科学捜査官」に任命され、数々の難事件と対峙された服藤(はらふじ)さんとお話しできるのを楽しみにしていました。 服藤 堂場さんはじめまして。ありがとうございます。 堂場 先日上梓された『警視庁科学捜査...
「怪文書紛いが国会で取り上げられた」“イトマン事…
文春オンライン - 4時間前  0コメント
大阪の中堅商社イトマンを通じて3000億円もの大金が闇社会に消えたとされるイトマン事件。バブル期に起きた戦後最大の経済事件の詳細を明らかにしたのは、ある一人のバンカーによる告発がきっかけだった。その男こそ、旧住友銀行でバブル期に政官財の要人へ食い込み、収益拡大で成果を上げ将来の頭取候補と呼ばれた國重...
“塀の中”刑務所作業製品の深すぎる世界 売れ筋1…
文春オンライン - 5時間前  0コメント
twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう! 登録する 現在プライベートモードです 設定を変更する
「本番の約束でしょって、騙された…」“援デリ”の…
文春オンライン - 5時間前  6コメント
「今日初出勤の女の子いるんすけど、鈴木さん取材に来ませんか?」 そんな連絡が僕のところに来たのは、東日本大震災前年の7月末のことだったと思う。誘いの主は、千葉県内は総武線沿線で活動するアンダー(未成年)専門の援デリ業者(売春の客付け業者)。すでにそこでキャストとして働いている16歳の少女が北関東の地...
部数がなかなか伸びない「化学本」 世界史と組み合…
文春オンライン - 6時間前  5コメント
『絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている』(左巻健男 著)ダイヤモンド社 著者は理科教育、科学コミュニケーションの専門家。著作も多数。本書はその長いキャリアで、最大のヒット作になった。 「化学の本は、同じ理系の生物学や物理学と比べて、部数がなかなか伸びません。多くの人に読まれる本を作ろうと意...
「私自身、若い頃は、死が怖かった」“臨死体験”を…
文春オンライン - 9時間前  4コメント
ジャーナリストで評論家の立花隆さんが、4月30日、80歳で亡くなりました。立花さんは『死はこわくない』『臨死体験』などの著作があり、安楽死や脳死など人間の死について取材を重ねたことでも知られています。その立花さんが出演された「NHKスペシャル 臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか」に...
宝塚記念前に読みたい! ウマ娘ファンが知っておく…
文春オンライン - 9時間前  15コメント
今週は春競馬の掉尾を飾る宝塚記念。ファン投票で出走馬を決める、ドリームレースである。 あなたの、そして、わたしの夢が走っています――。 関西テレビのアナウンサー、杉本清さんの名台詞は宝塚記念のキャッチフレーズのようになっていた。90年代になってからは、実況中に杉本さん自身が「わたしの夢」を披露するよう...
水溜まりボンド、あやなん、コムドット…超人気Yo…
文春オンライン - 9時間前  363コメント
5月28日、東京都は6月20日までの緊急事態宣言の延長を発令した。酒類やカラオケを提供する飲食店には休業要請が出され、休業しない場合もアルコールの提供は禁止、店の営業は20時までと制限された。 7月23日に開会式が予定される東京2020オリンピックでも、コロナの影響で会場の収容人数を50%以下にすると決定。予定され...
“塀の中”刑務所作業製品の深すぎる世界 売れ筋1…
文春オンライン - 11時間前  0コメント
「誰が作ったのか」という心理的な壁 「キャピックショップなかの」に入るとまず目にするのが、乾麺や洗濯洗剤が並ぶ棚だ。その近くにはコンロや焼き網が展示された「バーベキューコーナー」。さらに奥へ進んでいくと、革靴、財布、積み木、子供用跳び箱、碁盤、伝統工芸が施された湯飲み、文房具などありとあらゆる物が...
「お手すきのときにお願いします」が人をイラッとさ…
文春オンライン - 11時間前  9コメント
わかりやすい例として、建設現場や工場でよく聞く話をしましょう。危険をともなう仕事に関わる人たちに対して、「徹底的にしっかりと安全確保してください」と指示する場合があります。「徹底的に」というのはとても強い言葉ですし、基本的な理解があればそれで問題ないように思いがちです。ところが現場は、外注や下請...
“塀の中”刑務所作業製品の深すぎる世界 売れ筋1…
文春オンライン - 11時間前  26コメント
「キャピックショップなかの」地図 その店の奥に、スポットライトを浴びた白木神輿が鎮座しているのだ。高さは約1.5メートル。神輿全体に散りばめられた金具が煌びやかに光り、てっぺんに取り付けられた鳳凰の金具は、大きく羽を広げている。屋根からかつぎ棒にかけて結わえられたオレンジ色の飾り紐は、重厚感を漂わせ...
牛丼と立ち食いそばを愛した「知の巨人」…25年来…
文春オンライン - 11時間前  2コメント
ジャーナリストで評論家の立花隆さんが、4月30日、80歳で亡くなりました。立花さんは東京大学などで教鞭を執り、多くのお教え子を各界に送り出す“先生”でもありました。『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』等の著作で知られる、サイエンスジャーナリストの緑慎也さんも、教え子の一人です。 1996年に立...
ムショ入りした人は何をしているのか 刑務作業製品…
文春オンライン - 13時間前  8コメント
「受刑者の多くは、褒められた経験が少ない。子供の頃から家庭や生活面で問題を抱え、疎外感を覚えがちです。だから承認欲求も満たされていない。刑務作業とは、そうした人間に対し、仕事を通じて自分の存在意義を気付かせる意味があります」 刑務作業の意義についてそう語る法務省矯正局成人矯正課の担当事務官も、かつ...