トップ
総合
芸能・スポーツ
アニメ・ゲーム
IT・科学
教育・学習
生活
政治・経済
社会
新着
コメントランキング
このサイトについて
あなたのコメント
ログアウト

毎日新聞の記事一覧 - 1701件

阿蘇の秋覆う、黒い影 噴火「またか」 農業・観光…
毎日新聞 - 2時間前  0コメント
土石流発生の恐れも 九州大農学研究院・水野秀明准教授(砂防学、森林保全学)の話 13日に噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げられたばかり。火山活動が活発になっているのだろう。1日にヘリコプターから火口を見たが、噴火で当時より火山灰が火口周辺にたまっているはずだ…
阿蘇の秋覆う、黒い影 噴火「またか」 農業・観光…
毎日新聞 - 2時間前  0コメント
噴煙を上げる阿蘇山の中岳。火山灰に覆われ山腹が灰色に変わっている=熊本県阿蘇市で2021年10月20日午後1時55分、本社ヘリから上入来尚撮影 白煙たなびく火口から突如黒い噴煙が立ち上り、たちまち青空を覆った。20日正午前に起きた熊本県・阿蘇山の噴火。噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げられるのは2016年10月...
特集ワイド:いでよ、令和の池田勇人 岸田氏愛読漫…
毎日新聞 - 2時間前  15コメント
衆院を解散し勝負に打って出た岸田文雄首相が愛読している漫画がある。「疾風の勇人(はやと)」。1960年に所得倍増計画を打ち出した池田勇人元首相(在任60~64年)が主人公の漫画だ。「令和版所得倍増計画」を掲げている岸田氏は、果たして「令和の池田勇人」になれるのか。漫画の作者に尋ねてみた。 「逆境の中でも夢...
「高プロ」廃止、自民除く6党が賛成 政党労働政策…
毎日新聞 - 4時間前  24コメント
日本労働弁護団は21日、衆院選(31日投開票)に合わせ、主要政党に対して実施した労働政策のアンケート結果を公表した。高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」などについて違いが出たが、弁護団の棗(なつめ)一郎弁護士は「(討論会などで)与野党ともに労働政策の打ち出...
河井克行元法相の実刑確定 市民「やっと決着」「ま…
毎日新聞 - 4時間前  7コメント
「ようやく決着」「まだ終わっていない」。2019年参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相の元衆院議員、河井克行被告(58)が控訴を取り下げ懲役3年の実刑が確定した21日、広島県内の有権者や事件の関係者はさまざまな思いで受け止めた。 広島市中区の宝石商、谷口尚文さん(76)は「ようやく決着が付いた。こ...
真鍋さん、手計算で台風予測 弟弟子が語る、若かり…
毎日新聞 - 5時間前  0コメント
複雑な気候の変化をコンピューターで再現する「気候モデル」を開発し、今年のノーベル物理学賞に決まった米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎さん(90)。大学院を修了し、米国へ渡った後の研究業績に光が当たっているが、日本ではどんな学生時代を過ごしていたのだろうか。当時同じ研究室に在籍していた弟弟子に...
芳野友子連合会長 立憲と共産の連携けん制 「非常…
毎日新聞 - 6時間前  89コメント
立憲民主、共産両党を中心とする衆院選の野党候補一本化を巡り、立憲を支援する連合の芳野友子会長は21日の記者会見で「立憲と共産の距離感が縮まっていることについて、さまざまな地域から報告が来ており非常に残念だ」と立憲をけん制した。共産との連携に慎重な姿勢を立憲に改めて伝えるとした。 芳野氏は24日投開票の...
貝製ビーズに赤色顔料 沖縄サキタリ洞遺跡から日本…
毎日新聞 - 6時間前  2コメント
ニシキツノガイで作られた日本最古の着色された装飾品。沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で発見された=那覇市の沖縄県立博物館・美術館で2021年10月21日午前11時17分、喜屋武真之介撮影 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は21日、沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で、旧石器時代の約2万3000年前の地層から日本最古の着色され...
「ワイドスクランブル」で不適切演出 視聴者からと…
毎日新聞 - 6時間前  24コメント
テレビ朝日は21日、情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」(月~金曜午前10時25分)の視聴者からの質問に答えるコーナーについて、不適切な演出があったと発表した。番組側が用意していたにもかかわらず、視聴者からと偽って放送していた。同社は質問コーナーを休止し、関係者を処分する。 同局によると、問題のあっ...
北海道のウニ、サケ大量死 赤潮の原因プランクトン…
毎日新聞 - 6時間前  4コメント
10月9日時点のJAXAの衛星データによる植物プランクトンの濃度。赤は濃度が濃い海域で、黄緑は薄い海域=北海道大提供 北海道南東部の太平洋沿岸では、広範囲に発生した赤潮の影響とみられる秋サケやウニの大量死が確認され、甚大な被害が出ている。赤潮といえば、これまでは瀬戸内海や九州など温暖な西日本の沿岸での発...
ガソリンの課税停止措置 国民民主が衆院選公約に追…
毎日新聞 - 7時間前  15コメント
世界的な原油価格の高騰を受け、国民民主党は21日、ガソリン価格が3カ月連続で1リットル160円を超えた場合、揮発油税の上乗せ分25・1円の課税を停止する措置の復活を、衆院選公約に追加すると発表した。玉木雄一郎代表は「車に乗らざるを得ない地方の人の生活と経済を直撃しており、ガソリン価格の引き下げを求める声が...
あなたの衆院選 政策企画編:政府のコロナ対応策が…
毎日新聞 - 7時間前  3コメント
以前経営していたバーがあった新宿ゴールデン街近くを訪れた佐々木美智子さん=東京都新宿区で2021年10月15日、宮間俊樹撮影 31日に投開票される衆院選。記者が主な政策テーマの現場を歩き、安倍・菅両政権の取り組みを検証しつつ、課題を探った。 「元には戻らない」閉店を決意 「歌舞伎町は変わってしまったんですよ」...
宮城5区 安住淳氏「1強終わりに」 森下千里氏「…
毎日新聞 - 7時間前  20コメント
(右)宮城県松島町で有権者とグータッチする立憲前職の安住淳氏、(左)東松島市で街頭演説し、有権者に応える自民新人の森下千里氏=いずれも2021年10月19日、百武信幸撮影 衆院選は19日公示され、宮城県内の6小選挙区に17人が立候補した。政党別では自民党6人▽立憲民主党4人▽共産党2人▽日本維新の会2人▽「NHKと裁判し...
自民が「情勢緊迫」通達 全国の候補者引き締め 与…
毎日新聞 - 7時間前  23コメント
自民党は21日、甘利明幹事長と遠藤利明選対委員長の連名で、「情勢緊迫 1票1票の獲得に全力を」と題した衆院選の「急告」を全国の候補者に送った。報道各社が序盤調査で与党の優勢を報じたことを受け、引き締めを図る狙いだ。 文書では、「全国各地で多くのわが党候補者が当落を争う極めて緊迫した状況にある」との現状...
常夏通信:戦没者遺骨の戦後史 海に散った父が残し…
毎日新聞 - 8時間前  4コメント
海に沈んだままの戦没者遺骨の収容とDNA鑑定の必要性を訴える安間妙子さん。国会で開かれた集会にオンラインで参加した。父の近藤誠一さんは潜水艦「伊361」で戦死した=2021年9月14日、衆院第1議員会館で栗原俊雄撮影 戦没者遺骨の収集は、法律によって「国の責務」と定められている。厚生労働省によると、これまで128...
街角:小樽で沙良峰夫展 「幻の詩人」 写真や雑誌…
毎日新聞 - 8時間前  2コメント
岩内町出身で、「幻の詩人」といわれた沙良(さら)峰夫にスポットライトを当てた企画展「生誕120年 詩人沙良峰夫展」が、小樽市の市立小樽文学館で開催されている。11月28日まで。 沙良は1901年に生まれ、16歳で札幌第一中(現札幌南高)を中退して上京。口語自由詩の先駆けとなった詩人・川路柳虹や、作詞家としても...
ヤフコメに多数の違反投稿 韓国漁船転覆記事 新非…
毎日新聞 - 8時間前  26コメント
国内最大級のポータルサイト「ヤフージャパン」は20日夜、「違反コメント数などが基準を超えた」として共同通信配信の記事「韓国漁船転覆、9人不明 島根・隠岐の北方200キロ」の読者コメント欄を非表示にした。19日に導入した、ヤフーニュースのコメント欄をAI(人工知能)で自動的に非表示にする新機能が適用された。A...
眞子さま一時金「辞退」で良かったのか 費用対効果…
毎日新聞 - 8時間前  7コメント
ご婚約が内定し記者会見される、眞子さまと小室圭さん=東京・元赤坂の赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影) 秋篠宮家の長女眞子さま(29)が大学時代の同級生、小室圭さん(30)と26日に結婚される。小室家の金銭トラブルを背景に、皇族が皇籍を離れる際に国費から支給される「一時金」の受け取りをめぐっては多くの意見...
米前駐日大使、日本の人質司法を批判 「ケリー被告…
毎日新聞 - 9時間前  7コメント
米国のハガティ上院議員(前駐日大使)が20日の上院外交委員会の公聴会で、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)に問われている日産自動車元代表取締役のグレッグ・ケリー被告について「弁護人は無罪を確信している。不当な扱いを受けるケリー氏を守る必要がある。懸念は日本の閣僚レベルにも伝えてきた」と...
幸せな老後への一歩:/734 お金がないならコメ…
毎日新聞 - 9時間前  2コメント
電気やガスの料金、それにガソリン価格が上がっています。 ガソリン価格の高騰は食料価格に飛び火しています。なぜでしょうか。ガソリン価格が高くなると、ガソリンの代替商品としてエタノールの需要が高まり、その原料となるトウモロコシの価格が上がるからです。それだけでなく、豊かになった中国が大量の肉を消費する...