トップ
総合
芸能・スポーツ
アニメ・ゲーム
IT・科学
教育・学習
生活
政治・経済
社会
新着
コメントランキング
このサイトについて
あなたのコメント
ログアウト
信仰と芸術と、画家・山下りんの「道」 朝井まかてさん、歴史小説「白光」
いまなら、称賛をこめて「わきまえない女」と呼ばれるかもしれない。日本で初めて、ロシア正教のイコン(聖像画)を描く画家となった山下りん(1857~1939)。時代の制約のなか、周囲とのあつれきも恐れず画業に身を捧げた生涯を、作家の朝井まかてさんが歴史小説『白光(びゃっこう)』(文芸春秋)に描き出した…

上原佳久記者!

リブロ@libro_jp - 8日前
信仰と芸術と、画家・山下りんの「道」  朝井まかてさん、歴史小説『白光』文藝春秋